menu
閉じる
  1. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす
  2. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る
  3. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!
  4. サバゲー用ガンケースにお困りでは?1つで全部運びたい方にお勧めのケース…
  5. サバゲー CQB行動における基本動作
  6. サバゲー 装備品セットや一式って何を揃えればいいの?
  7. カッティングパイ(カットパイ)とクイックピーク
  8. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!
閉じる
閉じる
  1. サバゲー後の体の疲れや筋肉痛のケアについて
  2. サバゲーのスパイ戦でスパイに選ばれた時のコツ
  3. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす
  4. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る
  5. 女性にも人気の都内インドアフィールド ASOBIBA秋葉原店オススメ
  6. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!
  7. サバゲー中級者向け基本戦術 味方の連携を促せるリーダーになろう
  8. サバゲー初心者が初めてのサバゲーでヒットを取り楽しむための立ち回りかた…
  9. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!
  10. サバゲーCQBで通路を制圧し、味方を有利に導くには?
閉じる

実践サバゲーテクニック

バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!

敵プレイヤーがバリケードの向こうにいるのは分かっている。
しかし、自分もこちら側のバリケードから動けない。

サバゲーをしていると、そういった場面によく遭遇します。
特に、インドアフィールドやCQBを模したフィールド、
アウトドアでも、細かくバリケードが配置されているようなフィールドで起こりやすいです。

このような時に、こう着状態を避けるためにも、なるべく積極的な行動を取りたいものですが、
やはり、せっかくサバゲーをしている以上、ヒットを取ったりフラッグをゲットしたりと、
味方チームの役に立つ行動を選択したいですよね。

1.バリケード攻防での基本的な考え方

サバゲーでは、主に殲滅戦とフラッグ戦をおこないます。
この2つのルールの戦術的な違いは初心者には分かりにくいかもしれませんが、
主に、以下の点です。

殲滅戦では陣地を気にせずに自由に動き回ることが多いが、
フラッグ戦ではフラッグを中心に動く、という点です。
文章にしてみると、そんなの当たり前のことじゃん、と思うのですが、
実際にサバゲーフィールドでの行動を想像してみてください。

フラッグ戦では、どんなに攻め込んでいてもフラッグを取られてしまっては負けですので、
基本的には一歩引いているフラッグ守備の人が存在します。
しかし、殲滅戦では守るフラッグはありませんので、
フラッグ戦よりも自由に縦横無尽に動き回ることができるのです。

この事実を覚えておくとおかないのではどういった違いが出るのかというと、
「このバリケード地帯を守らなければならないのか、そうでもないのか。」
という判断に差が出てきます。

フラッグ戦では、このバリケードを守らなければフラッグを取られてしまうとなれば、
そのバリケードを離れるという選択は心理的にしにくくなります。
これが殲滅戦であれば、守るものは自分の身だけになりますので、
より多くの選択肢を考えることができるのです。

たまに、フラッグ戦では強いのに殲滅戦では活躍できないという人がいますが、
それは、この違いを身に付けていないからです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
今回の記事ではサバゲーにおける基本的なバリケード攻防の方法を考えてみます。

2.通路上のバリケードの攻め方

例えば、こんな感じに通路に設置されたバリケード越しに、敵プレイヤーと自分が対峙した時はどうでしょうか。
下の青丸が自分で、上の赤丸が敵プレイヤー、バリケードは腰かお腹の高さくらいだと考えてください。
バリケード1

2-1.現状の状態でどちらが優位なのかを考える

下側の自分の優位は、まず、利き腕の優位があります。
赤丸プレイヤーが右利きだという前提ですが、この配置ですと、スイッチングして利き腕と逆の構えをしなければなりません。
逆構えであれば、射撃の精度は落ちます。

もう1つの利き腕の優位として、赤丸のプレイヤーが、仮にバリケードから通路に飛び出そうと考えた時に、
スイッチングしていれば、精度が落ちるというマイナスがあります。
スイッチングしないで飛び出す場合は、銃を構えている右腕側がバリケードから出てくるまでに時間がかかります。
仮に青丸と赤丸が同時に横に飛び出した場合は、射撃ができるようになるまでに赤丸の方が時間がかかります。

バリケードはお腹の高さくらいなので、立ちあがってバリケードの上部に露出してから通路に飛び出せば、
射撃ができるようになるまでの時間はかかりませんが、やはり通路に出るまでで考えると
立ちあがってから、横の通路に出るという2つのアクションが必要になってしまいます。

いずれにしても、青丸側からの方が攻めも守りもやりやすいため、
青丸である自分から積極的に戦局を動かすことを考えるのです。

2-2.バリケードを制圧するということは、どういうこと?

何をするにも、目的意識が大事です。
今からする行動は、何をするための行動なのかを認識することです。

青丸にいる自分は、赤丸がいるバリケードを制圧・攻略したいのですが、
制圧するということは、どういうことでしょうか?

簡単に言えば、ヒットされずに、ヒットを取る、ということです。
サバゲーにおいて、とても当たり前のことなので、「おいおい、そんなことわかってるよ。」と、おっしゃる方もいるかもしれません。

では、ヒットされない状況とはどういった状況でしょうか。
一番分かりやすいのは、敵プレイヤーから射撃を受けていない状況です。
敵プレイヤーから射撃されなければ、ヒットされません。
これも、当たり前です。

何が言いたいかと言うと、敵プレイヤーから射撃を受けないような状況を作り、
かつ、自分は射撃できるという状況を作り出せば、
こういった一見、攻めてが無さそうなバリケード攻防でも、優位に立ち、攻略することができるのです。

2-3.必要なのは、飛び出す勇気と制圧射撃

端的に言うと、小見出しの通りなのです。
こういったバリケード攻防の場合は、先に飛び出して制圧射撃を入れた方の勝ちです。

というのも、あなたがもし、バリケードの陰に隠れている時に、
自分の隠れているバリケードにバチバチとBB弾が当たる音がしたり、
バリケード横や上をヒュンヒュンとBB弾が通っていたりしたら、そのバリケードから相手に向かって攻めるために飛び出そうと思いますか?
中々、難しいと思います。
その心理を逆手に取るのです。

利き腕の優位を活かして、素早くバリケード右側から射撃を繰り出します。
そうすると、赤丸プレイヤーはバリケードに身を隠します。
ここで、青丸である自分は、バリケード右方に飛び出し、赤丸が隠れているバリケードに対して容赦なく弾を撃ちこみます。
バリケードに当てて、音を出すのも良いですし、上方や右方をかすめた弾が、床や後方に当たるというのも効果的です。
そして、素早く赤丸バリケードに向かって前進します。

威嚇・制圧射撃で顔を引っ込めてはいますが、ちょっと落ち着いたら反撃をしようと考えているはずですので、
そういった考えが固まる前の、
「うひゃー。撃ち込んで来たー。」
と、心の中で思っている間には敵バリケードに到着するくらい、素早く飛び出しましょう。

2-4.飛び出すルートの安全性を確認しよう

さて、飛び出した後に、どのようなルートを取るのが安全かを考えます。
下図に4つのルートがあります。
バリケード2

2番も3番も最短距離に近いルートと言えるのですが、違いがどこにあるのかというと、
2番は、相手側バリケードの端よりも、左側を進んでいます。
3番は、相手側バリケードの端よりも、右側に飛び出て進んでいます。

赤丸のプレイヤーが、制圧射撃を受けながらも、一か八かで反撃を試みようと思った時に、
一番選択する可能性が高いのは、バリケード右側の低い位置に顔と銃口を出すことです。
一瞬だけ、クイックピークのような形で反撃を試みるようなイメージです。

そうした時に、その反撃の弾が飛びやすいのは、3番や4番の方向です。
特に4番の方向は、赤丸の位置から角度が少なく反撃を受けやすいですので、
あまり選択しないルートです。

1番と2番のルートは、赤丸側のバリケードに隠れられるという利点があります。
赤丸プレイヤーが、仮にバリケード上部からの反撃を試みてきた場合にも、
通路の半分より進んでいれば、低い姿勢を取ることで射撃を受けにくいです。
こういった一瞬の反撃の場合は、バリケードより高い所は狙えますが、
バリケードより低い位置にはマズル(銃口)を向けにくいからです。
うまくすれば、赤丸のバリケードの死角に入り込み、相手に気付かれないということも考えられます。

このように、ただバリケードからバリケードへ移動するというのではなく、
このルートを通る理由は何か?ということを考えて行動すると、
ヒットを取られにくくなります。

2-5.ヒットを取りバリケードを制圧する

さて、赤丸のバリケードに制圧射撃を撃ち込みながら、相手側バリケードに到着しました。
この後に一番気を付けなければならないのは、相撃ちです。

相撃ちにならないために一番良いのは、相手に引き金を引かせないことです。
次に、引き金を引いたとしても、その弾に当たらないことです。

まずは引き金を引かせない方法から考えていきます。
引き金を引かせずにヒットを取るためには相手に気付かれずに射程距離に入ることです。
また、こういったバリケード越しの攻防でも、フリーズを取ることもできます。

このバリケードは腰の高さくらいと言いました。
厚みがそれほどないバリケードであれば、上からバリケードに隠れている相手に銃口を向けることができます。
上述のルートで言うと、1番や2番を進みながら、そのままバリケード上方から、屈んで様子を伺っている相手に対して銃口を向ける、という流れです。

次に、相手が引き金を引いたとしても、その弾に当たらないようにして、こちら側だけが一方的にヒットを取るにはどうしたら良いかを考えます。
ここで大事なのは、バリケードの裏で、赤丸のプレイヤーがどのような体勢でいるかです。
バリケードの隠れているので、屈んでいるのは間違いありませんが、
膝立ちでいるのか?座っているような形か?バリケードに背を預けているのか?正面を向いているのか?横を向いているのか?
そして、最も知りたいことは「銃口はどこに向いているのか?」です。

弾に当たらないとは、自分が敵の銃口の前にいないということです。
銃口が向いていない方向にいれば、絶対に弾は当たりません。
ですので、アタックをかける時は、相手の銃口の位置を予測して飛び出す場所や高さを考えるのです。

今回の場合は、相手は低い姿勢でいます。
多くのプレイヤーは、銃口は地面方向に向けたローレディポジションで待機しているか、
地面と水平方向に向けたコンバットレディポジションで待機しているものです。

要するに、自分の目線や胸の高さ以上を常に狙って構えているプレイヤーは少ないということです。
これを利用して赤丸側のバリケードの飛び出しを考えます。

相手は屈んでいるので、こちらの太ももや腰の高さ以上を狙うには、必ず銃口を向け直すアクションが必要になりますが、
こちらは、相手がバリケード裏に屈んでいることを予測した銃口の向きで構えていることができます。
バリケードに下半身を隠すような形で、上半身だけ(特に顔と銃口だけ)を素早く赤丸プレイヤーに露出し、射撃します。
近距離ですので、1発2発の射撃で十分です。

3.バリケードが乱立するような場合のヒットの取り方

続いて、このようにバリケードが乱立しているような場所では、どうでしょうか。
バリケードの高さは、背の高さより高いくらいのものだとします。
バリケード3

3-1.初心者にありがちな行動パターンとは

まずは、あまりやってはいけないことから考えていきます。

青丸が自分で、赤丸が敵プレイヤーだとします。
自分はバリケードの右から顔を出し、敵プレイヤーは向こうのバリケードの右側(赤丸からすると左側)から顔を出し、互いにそこにいることを認識して、おまけに1,2発ずつくらい射撃をして撃ち合ったとします。

この時、赤丸の敵プレイヤーが初心者だとすると、取る行動はほぼ1つです。
このままバリケードの陰で様子を見る、です。
しかも、敵プレイヤー自身が顔を出した側のみを警戒する傾向が強いです。

ですので、自分側としては、やることは簡単で、
バリケード4
このように、回り込むだけで背中が取れます。

これは、とても基本的な戦術で、最も簡単な陽動作戦ですが、
実は、あまりできている人がいないのです。
できている人がいないということは、警戒もされにくいということです。

3-2.相手に位置がばれたら、その場を離れるのが基本

こういったバリケードが乱立しているようなフィールドでは、左右の動きが重要になります。
正確に言うと、ヒットを取るためには左右の動きが重要で、ヒットされないためには後ろへの動きが重要です。

上述のような、自分と敵プレイヤーがそれぞれ、お互いの位置を認識した時に、
中級者以上のプレイヤーであれば、回り込みを考えます。
そのため、バリケードの反対側も警戒して、いや、それを見越して先ほど顔を出した側からアタックしてくるかも、
と、バリケードから顔を引っ込めた時点で相手の情報が入って来なくなるため、待ちの状態になってしまいます。
相手のアタックを受けて、良くて相撃ちという結果が待っています。

そうならないために、その場から離れて、別のバリケードへ移動をすることを考えます。

攻撃的な移動と考えると、青丸の自分としては、1番か2番の移動になります。
敵の赤丸は3番と4番のどちらの動きをしてくるのか分かりません。
バリケード5

敵の動きが分からないことを考えると、より安全なのは1番で、リスクを負いながらも攻めきなのは2番です。
大事なのは、相手に移動先がバレないように移動することです。
赤丸プレイヤーがバリケードから出てくる気配がなければ、2番への移動も良いでしょうし、
攻撃的な気配があれば、1番に移動が無難です。

こちらがまだ同じバリケードにいると思ってアタックをしてくれば、
そのアタックは空振りしますので、1番方向から安全にヒットを取ることができます。

いずれにしても、位置がばれたら積極的に移動をしましょう。
今回の例では1対1で解説をしていますが、本来のサバゲーは複数人の敵味方がいるはずですので、
バリケード移動の際に、敵陣地のどこからなら、その移動通路が見えてしまうのか、
そういった所を探りながら移動してみると良いですね。

4.敵のアタックをかわすには?

最初の通路のバリケード攻防では、赤丸プレイヤー側は利き手側に通路がなく、不利な状況でした。
次のバリケードが乱立している攻防では有利不利はあまりありませんでしたが、
いずれにしても、敵がアタックをかけてきた場合の対処法を知る必要があります。

共通の方法は、1つ後ろのバリケードに下がることです。
特に、制圧射撃のようにバリケードに対してガンガン撃ち込んで来るときは、
相手が前進してきていることが考えられます。
そのため、同じ位置にいないことが最も大事です。

一番良いのは、アタックをかけてきている相手に見えないように1つ後ろに下がり、
アタックをかけてきた所を仕留める方法です。

ただし、アタックをかけてきたら下がると言っても、
バリケードを撃つ制圧射撃が、ただその場から撃ってきているだけなのか、
アタックをかけてきているのかが判別できないと思いますが、見破る方法があります。

それはバリケードに当たる弾の音の間隔です。
相手は歩くなり走るなりして、こちらに向かっているわけですので、
同じトリガーレスポンスで射撃をしていれば、バリケードに当たる弾の音の間隔は、段々と短くなります。
カーン、カーン、カーンだったのが、カン、カン、カン、となり、カカカカカカと、着弾の音が変わります。

この着弾の音の間隔が狭くなっていれば、敵は前進して来ているはずです。

逆に、アタック側の時は、相手にリズムを読ませないためにも、
不規則なタイミングでの射撃は有効だということです。

5.まとめ

バリケードに隠れる敵プレイヤーを攻略するには、勇気を出して飛び出し、アタックをかけることが大事です。
アタックをできる状況でなければ、左右へ動くか、一旦下がるという選択肢を選ぶのも大事です。

サバゲーで大事なのは、一箇所に留まらずに、動くことです。
動くことで場面がこう着しなくなり、敵・味方共に緊張感のあるゲームになります。

何と言っても、サバゲーの醍醐味はフィールドに入った時のドキドキ感ですよね。
日常では中々味わえません。

初心者も初心者の時には、バリケードの陰に隠れているドキドキ感で十分楽しめたかもしれませんが、
少し、サバゲーに慣れてきたのなら、積極的な行動を取って、更なるドキドキ感を味わましょう。

ヒットされてしまっても、数分待てば次のゲームが始まります。
ヒットされることで、あの位置は狙われやすいんだな、といったことを学ぶことができます。

そして、そのアタックが成功してヒットを取れたときやフラッグを取れたときの達成感は、
このドキドキを乗り越えた先にしかありません。
ぜひぜひ、ガンガン行こうぜの精神で、サバゲーを楽しみましょう~。

関連記事

  1. サバゲー上級者への道・・

  2. サバゲー スナイパーの役割

  3. サバゲー初級者と中級者の違い

  4. サバゲー ディフェンダーの役割

  5. サバゲーCQBで通路を制圧し、味方を有利に導くには?

  6. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る

おすすめ記事

  1. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす
  2. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る
  3. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!
  4. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!
  5. サバゲー用ガンケースにお困りでは?1つで全部運びたい方にお勧めのケース

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る