menu
閉じる
  1. サバゲー CQB行動における基本動作
  2. サバゲー用ガンケースにお困りでは?1つで全部運びたい方にお勧めのケース…
  3. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!
  4. サバゲー 装備品セットや一式って何を揃えればいいの?
  5. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす
  6. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!
  7. カッティングパイ(カットパイ)とクイックピーク
  8. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る
閉じる
閉じる
  1. サバゲー後の体の疲れや筋肉痛のケアについて
  2. サバゲーのスパイ戦でスパイに選ばれた時のコツ
  3. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす
  4. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る
  5. 女性にも人気の都内インドアフィールド ASOBIBA秋葉原店オススメ
  6. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!
  7. サバゲー中級者向け基本戦術 味方の連携を促せるリーダーになろう
  8. サバゲー初心者が初めてのサバゲーでヒットを取り楽しむための立ち回りかた…
  9. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!
  10. サバゲーCQBで通路を制圧し、味方を有利に導くには?
閉じる

実践サバゲーテクニック

サバゲー CQB行動における基本動作

CQB(Close Quarters Battle)とは、元々はテロリストなどに占拠された建物などに突入し、人質を救出したり殲滅したりする目的の近接戦闘を指す言葉です。
サバイバルゲームでは、交戦距離の短い室内戦や市街戦のフィールドでおこなわれるゲームを指します。
インドアフィールも多く、狭く少人数でも楽しめる、森林フィールドよりも汚れにくい、平地が多くて体力的に楽、といった理由から、気軽に参加でき、女性にも人気です。

そんな狭いサバゲーフィールドの中で、最適な行動を選択するためには、構えや動作の基本を押さえておく必要があります。
フレンドリーファイヤ防止でもありますし、確実な先制攻撃をするためでもあります。
実はCQBに限った話ではないのですが、特に狭いフィールドでは、より気をつけるポイントが多くなるため、押さえるべき基本について解説していきます。

銃の保持について

サバイバルゲームでは、常に銃で敵ターゲットを狙っているわけではありません。
銃口を前方に向けて警戒をする射撃体勢を取る場合以外では、どのような銃の保持方法があるのかを解説します。
状況に応じた銃の保持方法を学ぶことで、ワンアクションで次の動作に移れるようになるため、機動力が上がり、先制攻撃が取りやすくなります。

・ストレートダウン
銃口を垂直に下に向けて保持することを、ストレートダウンと言います。
ストレートダウン時は、セイフティーをオンにして、トリガーには指をかけません。
戦況が素早く動くサバゲーでは、ゲーム中にストレートダウンの状態にすることは、あまりないかもしれませんが、ゲーム開始前の時間などは、味方を撃ってしまわないように、ストレートダウンで銃を保持しますね。

・レディポジション
ローレディは銃口を斜め下部に向けているスタイルで、ハイレディは銃口を上に向けているスタイルです。
ハンドガンのレディポジションは、映画などで見たことがあるかと思います。
顔の横に銃を構えて、銃口を上に向けるハイレディポジションの方が、映画などでは見かける機会が多いですが、あれは絵的にはカッコイイのですが、銃口が顔の横にあるなんて、危険ですね(笑)
ガスガンでも、場合によってはガスの吹き出しなどがありますので、顔の横で引き金は引かないように気をつけましょう。
ライフルの場合は、銃床(ストック)を肩に付け、銃口を下げるローレディポジションが一般的です。

・コンバットポジション
銃口を前方水平に向けるポジションを、コンバットポジションと言います。
ハンドガンの場合であれば、胸の前に銃を構え、手を前方に伸ばすワンアクションで狙いをつけるアップポジション(射撃体勢)に持って行けます。
もちろん、この状態のままでも、前方水平に銃口が向いているので射撃は可能です。

ライフルの場合は、アップポジションよりも、やや銃口を下に向けている状態で、ローレディとアップの間くらいです。
銃口を前方水平に向けた射撃体勢では、ターゲット距離に応じたいくつかの種類があるため、射撃体勢の使い分けで説明しています。

※実銃の場合ですと、コンバットポジションから銃口を下げたガードポジションで、セイフティをオンにした状態で移動するなど、安全性確保のほうが強いようですが、サバゲーですので、フィールド内でゲーム開始後はセイフティ解除でOKかと思います。
銃口の向きだけ、コントロールするようにしましょう。

・ポジションの使い分け
移動時にはレディポジションを使います。
コンバットポジションでは、前方に味方がいる場合に誤射してしまう危険があります。
また、胸の前や前方に腕や銃が伸びていると、小回りが利かないため、移動スピードが落ちてしまいます。
そのため、広い場所を素早く移動する時など、射撃をする予定がない場合は、レディポジションを取ることが多いわけです。
レディポジションは、ワンアクションで射撃体勢に移れるため、不意の事態にも素早く対応できますが、敵プレイヤーとの遭遇が予測されるような場合は、コンバットポジションで移動します。

2,3人で通路を移動するときなどは、一番前にいるプレイヤーは、コンバットポジション、またはアップポジションで移動し、後ろのプレイヤーはローレディするなどして、誤射を避けるように移動しましょう。

ハンドガンであれば、ローレディから胸の前に構えるコンバットポジションの行き来、または、ローレディからアップ(射撃体勢)への行き来を素早くできるように練習しておくと、不意の出会い頭でも先制攻撃を入れることができるようになります。
コンバットポジション、射撃体勢では、銃口は水平に、という点を意識しましょう。

ライフルであれば、銃床を肩に付けたレディポジションから、ミドルレンジポジションへの移動を素早くできると、サバゲーで役に立ちますよ。

リロード

・クイックリロード
銃口を下げずに、素早くマガジンをリロードすることです。
射撃体勢のまま、マガジンリリースをして、マガジンは床に落としつつ、左手で新しいマガジンを取り出し、装着します。
この時、銃口は水平を保ちます。
サバゲーではそこまで役に立つテクニックではありませんが、できるとカッコイイです。

・タクティカルリロード
(広義の意味は色々ありますが)残弾がまだある状態でも、マガジンを交換することです。
ハンドガンやライフル系の電動ガンでもノーマルマガジンを使っている場合など、装弾数の少ないマガジンを使用している場合、交戦状態にない場合に、次の遭遇に備えてリロードをしておくことで、不意の弾切れを防ぎます。
撃ちきっていない状態でのリロードではチャンバーに弾が装填されているため、リロード後のコッキングが必要ありません。

理想は、射撃回数を覚えておきリロードができると良いのですが、ハンドガンなど装弾数が見えるマガジンであれば、非交戦状態の時に、残弾を確認するのも確実な方法です。

スイッチング

利き手ではないほうで、射撃体勢を取ることです。
CQBでは、ハンドガンで素早いスイッチングができると、どのような通路でも索敵・クリアリングが早くできるため、展開スピードが上がります。
ライフルでも、もちろん同じですが、取り回しはハンドガンの方が優れているため、機動力重視であればハンドガンでスイッチングを練習するとよいでしょう。

シュートオンムーブ

歩きながら射撃すること、いつでも射撃できる体勢を取りながら歩くことです。
前方を警戒しながら進む時や、アタックをかける時に使用するテクニックです。
サイティングしながら移動するため、頭が大きく上下してしまうと、狙いがズレてしまいます。
上半身を安定させ、膝や股関節を柔らかく使うイメージで動きます。

メリットは、前方への制圧度が高い点ですが、視野が狭くなるため、バディやバックアップメンバーに左右のフォローをして貰うとよいでしょう。

関連記事

  1. 射撃体勢の使い分けはサバゲーCQBでとても重要

  2. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!

  3. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす

  4. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!

  5. カッティングパイ(カットパイ)とクイックピーク

  6. サバゲーCQBで通路を制圧し、味方を有利に導くには?

おすすめ記事

  1. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす
  2. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る
  3. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!
  4. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!
  5. サバゲー用ガンケースにお困りでは?1つで全部運びたい方にお勧めのケース

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る