menu
閉じる
  1. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす
  2. サバゲー 装備品セットや一式って何を揃えればいいの?
  3. サバゲー用ガンケースにお困りでは?1つで全部運びたい方にお勧めのケース…
  4. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!
  5. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る
  6. カッティングパイ(カットパイ)とクイックピーク
  7. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!
  8. サバゲー CQB行動における基本動作
閉じる
閉じる
  1. サバゲー後の体の疲れや筋肉痛のケアについて
  2. サバゲーのスパイ戦でスパイに選ばれた時のコツ
  3. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす
  4. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る
  5. 女性にも人気の都内インドアフィールド ASOBIBA秋葉原店オススメ
  6. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!
  7. サバゲー中級者向け基本戦術 味方の連携を促せるリーダーになろう
  8. サバゲー初心者が初めてのサバゲーでヒットを取り楽しむための立ち回りかた…
  9. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!
  10. サバゲーCQBで通路を制圧し、味方を有利に導くには?
閉じる

実践サバゲーテクニック

サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る

基本的なところはサバゲー 射撃 コツのページで触れていますので、
もう少し踏み込んで、射撃について考えてみます。

1.射撃の精度を上げよう

まず前提ですが、
初心者・初級者向けのお話としては、正面からの撃ち合いは避けるようにと書いて来ました。
特に、バリケードに半身隠れての撃ち合いは、よほどの腕の差がないとヒットを取ることは難しいため、避けるようにと書いています。

しかし、今回は、もう一歩踏み込んで、そのような正面からの撃ち合いにも負けないためには、という点に触れて行きます。
なぜ、射撃の精度について触れるのかというと、射撃の精度が高まると、全てのサバゲープレイテクニックが向上するからです。

サバゲーにおける射撃は、唯一の攻撃手段です。
攻撃手段のレベルがあがり、自信がつくことで、プレイ全体的に余裕が出てきます。
余裕が出てくれば、周りを見る視野も広くなりますし、移動も大胆におこなえるようになるのです。

2.射撃の精度を高めるためには

サバゲーにおける射撃の有効距離は、東京マルイの電動ガンで、およそ20メートル、長く見ても30メートル前後です。
銃の種類やセッティングにもよりますし、中には50メートル以上のロング射撃が可能なカスタムなどもありますが、
そういったイレギュラーパターンはここでは置いておきます。

では、まず、射撃の精度を上げるということはどういうことなのか、考えてみましょう。

2.1.ガンのセッティングをきちんとする

初心者・初級者が意外におろそかにしがちなのが、セッティングです。
電動ガン・ガスガン問わず、ホップの調整と共に、アイアンサイト、ドットサイト、スコープの調整が必要です。

最も素直なセッティングをすると、以下のような弾道になります。
弾道

ホップのかかり具合を調整し、BB弾が水平よりも高い方向に浮き上がらないギリギリの強さに調整します。
そうすると、東京マルイの多くの電動ガンでは、20メートルほどは真っ直ぐ飛び、その後失速するような弾道になります。

これよりもホップを強く調整すると、一度BB弾が浮き上がり、30メートル以上の距離に届くようになりますが、
25メートルほどの距離ではBB弾が浮き上がっていますので、目線の高さには当たりません。

下図の青色のラインのような弾道になります。
赤点の位置にいる敵プレイヤーに対しては、水平に狙っても当たらないということです。
弾道2

セッティングは、銃の性能を最大限に引き出すと共に、フィールドに合わせた調整が必要です。
交戦距離が30メートル、40メートルになるようなフィールドの場合は、青色の弾道のようにセッティングする必要があるかもしれませんが、
敵に近づかれた時に、どのくらいの距離の場合にどのくらい狙いの上下をずらさなければならないのかを見極めておく必要があります。

そういった訓練も必要ですが、それ以前に、電動ガンの持つ性能を知るためには、
素直に真っ直ぐ飛ぶホップ調整で、どれだけの距離に届くのかを知っておくことが大事です。

特にインドアのフィールドなどでは交戦距離が5メートルから15メートルほどのことが多いですので、
東京マルイの電動ガンであれば、素直なセッティングで十分狙えるのです。

ホップ調整は、まず、BB弾が必要以上に浮き上がらないセッティングを覚えましょう。
そして、その調整状態での真っ直ぐ飛ぶ最大飛距離を覚えましょう。

このホップ調整に合わせて、サイトやスコープも調節します。
ホップは銃を使い終わったら全くかからない状態に戻して保管しておくのが基本ですが、
サイトやスコープを一旦合わせてしまえば、次に使う時ははホップの調整だけでOKです。

2.2.距離感を覚える

これらのセッティングは、フィールド内でおこなったほうが良いです。
最大距離の感覚をフィールドで覚えたほうが、実践しやすいです。

例えば、上手の赤ラインで真っ直ぐ飛ぶ最大距離が20メートルの電動ガンだとしたら、
壁やバリケードからおよそ20メートル離れたところから射撃して調整をするのです。
このようなことを繰り返しおこなうことで、20メートルという射程距離を体で覚えることができます。

さて、上述のセッティングはあくまでも準備であり、射撃の精度で重要なこととは、
セッティングした距離以上には弾は真っ直ぐ飛ばないので、この距離より離れた敵と撃ち合っても絶対に勝てないということです。

20メートルという射程距離を覚えたならば、それ以上遠くの敵とは正面から撃ち合っても意味がないという判断ができますし、
そういった撃ち合いが発生しそうな場所は避けるような動きもできます。

また、電動ガンを上下に傾けると、弾道も飛距離も変わります。
真っ直ぐ20メートル飛ぶガンであれば、20メートル先の足元や顔の高さを想定して撃ってみましょう。
サイトの真ん中よりも、ややズレるかもしれません。
そのズレを考慮して狙う必要があります。

特に、近い距離を狙う時は、サイトの真ん中よりも下に着弾します(サイトは銃口よりも高い位置にあるため)ので、
5メートルの時の、目線、水平、足元の狙い、10メートルの時の・・・というように、
自分の銃のサイトとの狙いのズレを覚えておくと良いです。

2.3.狙うまでのスピードを高める

射撃の精度を語る上で外せないことは、狙って引き金を引くまでのスピードです。
スピードを高めるために、シュートオンムーブ・コンバットポジションといった構えを使うわけです。
※シュートオンムーブなどについては射撃体勢の使い分けを参照のこと

しかし、いくらコンバットポジションを取っていても、サイトを使用した精密射撃の姿勢に入るのが遅くては、
中・長距離の撃ち合いでは負けてしまいます。
同時にお互いを発見したとしたら、先に狙って引き金を引いたほうが勝つからです。

サイトの使い方としては、皆、勘違いしているのですが、
サイトを覗き込むのではなく、(右利きなら)銃を構えたら自然と右目の前にサイトが来る
という意識が大事です。

ドットサイトを利用しているのであれば、
狙いたい所を見ながら銃を構えると、右目の視野の中に自然とドットサイトのドットが浮かび上がる。
というのが理想です。

これは精密射撃姿勢でない場合も同じで、目線が向いているほうに自然と銃口が向くように構えるのです。
この動作を徹底することで、敵が急に目の前に現れた咄嗟の時でも、目で見ている所に弾が飛ぶようになります。

2.4.ガスハンドガンの場合

ガスハンドガンでも、基本的な考え方は同じです。
しかし、最大射程距離だけでなく、精密度でも電動ガンに劣ってしまうことを考慮しなければなりません。

ホップの調整は最低限、やっておくことは当然です。

ガスハンドガンの場合は、長物のようにサイトを覗く動作が少ないため忘れてしまうのですが、
(右利きの場合は多くは右目が効き目ですので)右手が右目の目線の前に来ることが大事です。

顔の真ん中や胸の真ん中ではなく、右目の目線のラインに乗っける意識をすることで、
見ている所に弾が飛びやすくなります。

3.もう一歩、レベルを上げよう

もう1つ、覚えておいて欲しいことは、
電動ガンから発射されたBB弾は標的に届くまでに意外と時間がかかる、ということです。
初速が90m/sの電動ガンでも、15メートル先では55m/sくらい、30メートル先では30m/sほどに減速します。

引き金を引いてからゼロコンマ何秒の世界ではありますが、
ちょっと運動神経の良い人であれば、20メートル先から顔に向かって撃たれた弾を目で見て避けることができます。

同様の考えで、バリケードからひょこっと顔を出した所を狙って撃っても、
BB弾がその顔の位置に到達する頃には、顔は既に引っ込んでしまっています。

索敵などのためにバリケードから顔を出す時間はが1秒くらいと考えると、
BB弾が0.3秒で届くとしたら、0.7秒以内に構えて狙って撃たなければ当てられないのです。
索敵時間が0.5秒だとすると、もう狙っている時間は無いに等しいです。
この時に必要なのは、相手が顔を出すタイミングと場所と着弾までの時間を見極めて、射撃をすることです。

やや遠い地点を歩いている敵プレイヤーを発見した時も同様で、
0.5秒あれば1歩2歩はあるけますので、歩く先を狙って射撃しなければヒットさせることができません。

このように、着弾までの時間や諸々のタイミングを考慮した射撃ができるようになると、
射撃についてはかなりのレベルに達したと言えると思います。

4.まとめ

サバゲーにおける射撃のテクニックとは、ただたんに引き金を引くというだけではなく、
銃の素直な性能を引き出すセッティングをすること、目線を意識した射撃姿勢を取ること、サイトを素早く目の前に持ってくることなどがポイントになります。

特に、銃のセッティングをきちんとするだけでも、驚くほど精密さが変わります。

最初の1回2回はレンタルの銃でも楽しいと思いますが、
もっとサバゲーを楽しみたい!と感じたのであれば、迷わず自分の銃を買いましょう。

インドアもアウトドアもどちらでも使いやすいものであれば、MP5シリーズがオススメです。

インドアフィールドで取り回し優先であれば、MP7が断然オススメです。
ガスブローバックと電動がありますが、電動の方が安定しているため、最初に買うなら電動がオススメです。

関連記事

  1. サバゲーフィールドを把握し敵の考えと動きを予測する

  2. サバゲー 防御 コツ

  3. サバゲー その他の役割

  4. サバゲー ガンナー(サポーター)の役割

  5. サバゲー初級者と中級者の違い

  6. サバゲー 索敵 コツ

おすすめ記事

  1. サバゲーCQBで有効なスイッチングを使いこなす
  2. サバゲーで射撃の精度を高めて撃ち合いに勝ちヒットを取る
  3. バリケードアタックでヒットを取り、脱!サバゲー初級者!
  4. サバゲー インドア・CQBのハンドガンテクニックで差をつける!
  5. サバゲー用ガンケースにお困りでは?1つで全部運びたい方にお勧めのケース

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る